きりん組 知育

『パネルシアター』

1歳を過ぎると、丸・三角・四角の形が見分けられるようになるといわれています。パネルシアターでは、丸・三角・四角の形を組み合わせて、色々な形作りに挑戦しています。先生のお手本を見ながら、アンパンマン、雪だるま、観覧車等の形が出来上がりましたよ。考えながらとても集中して取り組んでいました。

 

『数量』

2歳になる頃から数字は図形ではなく、数をなすものとして捉えるようになります。数量の勉強では、リンゴのイラストを使って、1~5までの数を繰り返して言葉に出しながら数えて覚えていきます。

 

『線引き』

真っすぐの線が引けるようになると文字を書けるようになっていきます。線引きでは、点線をなぞって直線引きの練習をしています。アンパンマンを繋ぐ点線を線路に見立てて「ガタンゴトン~」と言いながら、線を引く姿が見られました。

お勉強は繰り返し行うことで基礎が定着し次に進む準備が整います。すぐに次の段階へ進むのではなく、基礎を作りながら無理なくお勉強をしていきたいと思います。少路保育園では日々の知育活動を通して、考える力や集中力を育んでいきます。