英光豊中少路保育園

🌸春のお散歩風景🌸

 

お散歩は子どもたちにとって発見や気づきがたくさんあります😊

さくらんぼの木の下できのみを発見しました👀🍒「さくらんぼだ!」と嬉しそうな子どもたち。「ままにあげる!」とたくさんきのみを集めていました💕

 

 

みんなでダンゴムシを観察しました✨

少し離れたところから恐る恐る観察したり、怖がることなく興味津々で自分からダンゴムシを触ったりなでなでしたりしました😳✨丸まっていたダンゴムシが突然歩き出すと、子どもたちは目を丸くして驚いていました😳

お散歩道にはお花もたくさん咲いています🌸お花が大好きな子どもたちはお花を見ると駆け寄ってやさしく指先でちょんちょんと触れたり、匂いを嗅いだり、目で見て「きれーい!」と喜んだり、五感を使ってお花との触れ合いを楽しんでいました😊✨

鳩を追いかけている様子です😊🕊

鳩以外にもカモや、カラス、ちょうちょうなど生き物の発見がたくさんあります♪

 

公園では木の枝を使って地面にお絵かき!

地面という大きなキャンパスに思い思い木の枝で自由に絵を描くのを楽しんでいます💕

 

 

0歳から2歳の子どもたちにとってお散歩は大切な学びの場です。

子どもたちは外に出て、自分の目で見て、触れて、感じて、さまざまなものを知ろうとします。

外の世界に触れ、自分から関わりをもっていくことで感性を養うことができ、情緒の安定にもつながります。

子どもたちの興味や関心が自分で歩きたい!ジャンプしたい!走りたい!という気持ちを掻き立て、運動能力の発達を促進させます😊

こういった成長を助長する外遊びの機会を大切にしています✨

 

夏のお散歩はどんな発見があるのかな?😊✨

error:
タイトルとURLをコピーしました